お笑い芸人の兼近さんが実際にされた歯科治療ダイレクトベニア治療を知っていますか??

ダイレクトベニアとは…
ダイレクトベニアは、多種類のプラスチックを直接お口の中で盛りつけていき、天然歯のような自然な色や形を再現する治療法です。

ダイレクトベニアは、セラミックによる被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)に比べて、歯を削る量を抑えることができます。
天然歯は、明るく透明感のあるエナメル質、色が濃く透明性の低い象牙質、神経や血管がある不透明な赤色の歯髄の3種類の構造が重なり合って作られています。従来の歯科用プラスチック(レジン)では、このような歯の複雑な質感を再現することが困難でした。
近年、透明感や色調が豊富に揃った審美修復用プラスチックが開発され、多数の色調を積層築盛することで、天然歯のような自然な歯を再現できるようになりました。

ダイレクトベニア治療はこのような方に適しています。
なるべく歯を削りたくない
前歯の隙間が気になる、隙間をなくしたい
歯の形が気に入らない、歯の形を治したい
虫歯をきれいに治したい
以前に治療した詰め物が変色してきた
金属の詰め物を白くしたい
歯がかけた

気になった方は歯医者さんへ。



みなさんこんばんは!

今日はドライマウスについてのおはなしです。

《口が渇くドライマウスとは?》
ふとしたときに、口腔内の唾液が不足し、口腔内が乾燥しているように感じることはありませんか。 今の時期、蒸し暑く喉が渇いたり、クーラーで涼しい所で乾燥する事が多いと思います。
口の中の唾液が減少し、乾燥する症状をドライマウスといいます。
「単に口の中が乾いているだけ」と考える方も多いのですが、実はドライマウスはさまざまなトラブルを引き起こします。

《ドライマウスの予防法ドライマウスによる弊害》
健康な成人の場合、唾液は1日に平均1.5リットルほど分泌されます。
ドライマウスは何らかの理由によって唾液が減少し、口腔内が乾燥した状態です。
「口腔乾燥症」とも呼ばれており、女性に多く現れる症状です。

唾液の分泌は口腔内の健康維持に大きく関わっています。
そのため、唾液が減少してドライマウスになると、以下のようなトラブルが現れるようになります。

虫歯・歯周病の発症リスクが高まる
唾液には、口腔内の汚れを洗い流して衛生を保つ作用があります。
そのため、ドライマウスになると口腔内の衛生が維持できなくなり、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

食事が困難になる
誤嚥性肺炎
唾液には、味蕾(みらい)と呼ばれる味を感じる組織に味物質を届ける役割があります。そのため、唾液が少なくなると食べ物の味がわからなくなり、味覚障害に陥ります。
また、口腔内が乾燥するために、ものを飲み込むことが難しくなります。
これを嚥下障害といいます。
嚥下障害が続くと食事が満足に摂れなくなり、栄養バランスが崩れ体重減少にもつながります。
特に高齢者の場合は、嚥下機能が低下することで、飲み込んだものが食道ではなく気管に入ってしまい、誤嚥性肺炎を引き起こすリスクが高まります。

舌の痛み・ひび割れが発生する
ドライマウスにより口腔内の潤いが失われると、舌がひび割れて、痛みを伴うようになります。

口臭が悪化する
唾液には口の中を洗浄する自浄作用があります。ドライマウスになると唾液の自浄作用が働かなくなるため、口腔内に汚れが溜まりやすくなり、口臭が悪化してしまいます。

《ドライマウスの原因ドライマウスの原因》
ドライマウスの原因には、実にさまざまなものが挙げられます。

原因その1 緊張・ストレス
緊張やストレスにさらされると、交感神経が優位となり唾液の分泌量が減少します。
さらに、粘液性の唾液が分泌されるため、口腔内が乾燥しやすくなります。
なお、反対にリラックスした環境下においては、唾液の量が増え、サラサラとした唾液が多く分泌されるようになります。

原因その2 口呼吸
副鼻腔炎(蓄膿症)やアレルギー性鼻炎による鼻づまり、アデノイド肥大、歯並びの乱れなどによる影響で口呼吸をしていると、口腔内が乾燥し、ドライマウスの原因につながります。

原因その3 薬の副作用
抗うつ剤や鎮痛剤、抗ヒスタミン薬など、薬の中には副作用として口渇(唾液が減る)が現れる薬があります。

原因その4 放射線治療による影響
放射線治療を行う際、唾液を分泌する唾液腺組織が破壊されて唾液の分泌が正常に行われなくなることがあります。

原因その5 口腔周辺の筋力の低下
唾液を分泌する唾液腺は噛むことにより刺激されます。
年齢を重ねるごとに口周りの筋力は低下し、噛む力も衰えてくると、唾液の分泌がスムーズに行われなくなります。

その他の疾患
難病指定されている自己免疫疾患のシェーグレン症候群や更年期障害、腎不全、糖尿病など、何らかの疾患の一症状としてドライマウスが引き起こされる場合もあります。
シェーグレン症候群の場合は唾液だけではなく涙の量も減少しますので、ドライアイの症状も見られます。

《ドライマウスの治療法ドライマウスの治療法》
ドライマウスへの主な対症療法として、人工唾液や唾液の分泌を促進する薬物療法、筋機能療法などが挙げられますが、治療方法は原因により異なります。
そのため、自分のドライマウスの原因が何なのかを明確にすることが治療の第一歩となります。
日常生活に支障をきたすほどの状態であれば、早めに口腔外科や歯科、ドライマウス外来を受診し、適切な治療を受けましょう。
その後は原因に応じて、婦人科や循環器内科、眼科など、他の医科との連携のもと治療が進められます。

《ドライマウスの予防法ドライマウスの予防法》
日頃から行えるドライマウスの予防法になります。

こまめに水分補給する
唾液には様々な成分が含まれていますが、その大半は水分です。
つまり、水分不足に陥ると唾液が生成されませんので、こまめな水分補給を心掛けることが大切です。

キシリトールガムを噛む
ガムを噛んで唾液腺を刺激することは、唾液の分泌促進につながります。
なお、ガムはキシリトール配合のものを選ぶようにし、虫歯予防にも配慮しましょう。

鼻呼吸を意識する
口呼吸の原因はさまざまですが、普段から意識して鼻呼吸を心掛けることも、ドライマウスを防ぐ上で重要なことです。

予防法は手軽にできるものです。意識して潤いあるお口を手に入れましょう!


毎日使っている歯の硬さについてお話します。

物には、硬さをはかる単位として、硬さを10段階で表した「モース硬度」と言う単位があります。10(硬い)→1(柔らかい)数字が大きくなるにつれ、硬いということになります。
人間の歯をモース硬度で表すと、「7」で、鉄(モース硬度4)よりも硬いと言うことになります。モース硬度7は水晶とほぼ同じ硬さです。EPSON002

歯は、エナメル質・象牙質・歯髄で出来ていますが、一番硬いモース硬度7の部分は「エナメル質」です。ちなみに象牙質はモース硬度5~6です。とても硬いエナメル質と象牙質で歯髄を守っています。
人間の身体の中では、エナメル質が最も硬い組織と言われています。歯は骨よりも硬い組織になります。

鉄よりも硬い歯ですが、虫歯菌や酸にはとても弱く苦手なものです。
ご飯を食べた後に歯を磨かなかったり、だらだら食べを続けていると虫歯になってしまったり、穴が開いてしまったりします。
そんなに硬いなら大丈夫!と思ってしまわないように注意をして、これからもしっかりケアをしていきましょう。


みなさんこんばんは!

今日は、口臭が強い時間帯あるいは時期は?というお話しです。
多くの人の口臭は早朝が最も強く、食後に口臭が減ります。
したがって、朝食を抜く人は口臭が非常に強いことになりますので朝食を必ず食べましょう。
ただし流動食ではなく、きちんと歯でかむ食事をしてください。
さらに、昼食前や夕食前も口臭が強くなりますので注意しましょう。

逆に、早朝よりも午前中や夕方に口臭が強くなる人が見られます。しかし、この場合も食事前が要注意です。
口臭予防法として、食間にティー・タイムを取ることが勧められます。
例えば、紅茶・コーヒーや菓子に含まれる砂糖は歯の大敵ですが口臭物質を 90% 以上減らすという効果があります。

女性の場合、生理周期に一致して口臭の強くなる人がいます。
人によりタイプが異なりますが、月経期間中、排卵中そして両期間の間に口臭が強くなる可能性があります。
しかし、歯周病の予防と後述する口臭予防方法で十分予防できますのでご心配なく。
朝食を抜くと昼食まで口臭は強くなります。
食事を摂ると減ります。
規則正しい食生活が口臭予防につながるようです。


皆さん、唾を飲み込む時、舌先の位置はどこにありますか?
下の前歯や上の前歯にあれば、それは間違いです。
では、舌の正しい位置とはどこでしょう?
上顎の口蓋の天井は、ドーム状になっています。その天井の中心より少し前で、歯を押さない位置が正解です。舌が歯を押すと、押された歯は動き、かみ合わせがずれることがあります。 また、舌は舌骨についているので、舌が24時間、口蓋の天井についていれば、舌骨が正しい位置になり、睡眠時無呼吸症候群にもならなくなり、二重あごからも解消されます。