皆さんこんにちは☆
喫煙で身体に及ぼす影響は皆さんご存知かと思いますが、実は口腔内への影響もあるんです。
タバコを吸わない人に比べて3倍も歯周病にかかりやすく、2倍も多く歯が抜けている。という報告があります。
ニコチンにより血管の収縮がおこり、血液の流れが悪くなり歯肉に十分栄養が行き届かなくて歯肉の色が悪くなるだけではなく、ごつごつした硬い歯肉になってしまいます。
禁煙が難しい!という方は少しずつ本数を減らしてみることから始めるといいかもしれませんね(*´∀`)♪
また、タバコの着色などはクリーニングでキレイに落とすことが出来ますので、気になる方は1度ご相談ください(^-^)/


皆さんこんにちは(*´∀`)♪
歯の黄ばみ。気にされている方も多いかと思います。
歯の黄ばみの元。着色汚れの原因はコーヒーやお茶のタンニン、タバコ、毎日の食事、加齢によるものといわれています。
人が見た目の印象を左右する大きなポイントが口元です。
白い歯は爽やかで好印象を与えますよね。
歯の黄ばみを予防する為に口腔内環境を出来るだけ清潔に保つことが重要になります。
口腔内の健康チェックも兼ねて歯科医院でクリーニングを受けてみてはいかがでしょうか?


皆さんこんにちは( ≧∀≦)ノ
皆さんは自分の歯に自信がありますか?
年齢を重ねてもずっと自分の歯で過ごしたいですよね♪
健康な歯を保つためにはプロによる定期的なケアと毎日のセルフケアも大切です☆
毎日歯磨きをしているけれど、なぜかむし歯が出来やすい。。。と感じている方も少なくないかと思います。
なぜむし歯になるのか?
それは磨き残しがあるからなんです。
定期的なメインテナンスで磨き残しを綺麗に取り除いてずっと健康な歯で過ごせるようにしたいですね(*´∀`)♪


皆さんこんにちは☆
皆さんは定期的にメインテナンスされていますか?
歯がしみる。。。噛むと痛い。。。などの症状がないと歯医者は行かなくて大丈夫!と思われている方もいらっしゃるかと思います。
症状がなくても定期的なメインテナンスは必要なんです。バイオフィルムって聞いたことがありますか?
あまり聞きなれない言葉ですよね?
バイオフィルムとは細菌のかたまりで、むし歯と歯周病の原因なんです。
うがいをしたり、軽く磨く程度では取り除くことは難しく、きちんと除去するためには歯科医師や歯科衛生士による器械的な除去が最も効果があると言われています。
むし歯も歯周病も、再発を防ぎ健康な状態を維持するために定期的に歯科医院で検査をして、歯科衛生士によるメインテナンスを受け、健康な状態を長期的に維持するために定期的なメインテナンスをされてみませんか?



突然ですが、みなさんお口の中に痛みはないが歯茎にできものがあったりしませんか?

口内炎のようにすこし腫れる程度に膨らんではいるだけで、触っても痛みはない状態。

患者さんの多くは「痛くないけど、違和感。浮いている感じ」といわれることが多いです。みなさんはそのような歯はありませんか???」
「放っておけば治るでしょ?大丈夫大丈夫!」
気楽に考えていませんか?
フィステルとは日本語で婁孔(ろうこう)といいます。

歯の根が感染して、炎症が起こす病気です。

そうすると根の先端に行き場がなくなった細菌がにきびのようにおできを作り、膿を出すようになります。

さらにその膿は袋をつくり大きくなると、歯茎を貫通してそのまま膿が出てくるできものになります。

これがフィステル!

歯髄(歯の神経)が時間をかけて汚染され死んでしまい、歯根の先端に根尖病巣(膿の袋)が出来ます。
フィステル(できもの)が見られるということは、その周囲の歯の歯髄(歯の神経)が死んで、根尖病巣が出来て骨の中で膿んでいることが疑われます。

フィステルを治療するためには根管治療(神経の治療)を行う必要があり、根管治療が成功して根管内の細菌を十分に除去することができれば、フィステルは消えて無くなります。

口の中にできものができた場合、特に膿が出ている場合にはすぐに歯科受診をお勧めします。

そのまま放置しているとどんどん悪化して最悪、抜歯なんて良くあるんですよ・・・

気になる方はさこだ歯科医院へ
どうぞ!!