さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

フロスの働きについて

2018.05.08

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

歯を磨くときに皆さんはどのような道具を使われているでしょうか。

人によって歯並び、かみ合わせの状況、残っている歯の部分により汚れの残りやすさはさまざまです。状態によっては歯ブラシだけでは汚れの除去が充分に行えない部分もあります。

そのような時にフロス(糸ようじ)や歯科ブラシ、ワンタフトブラシなど、歯ブラシでは届きにくい部分をサポートする道具があります。

今回はフロス(糸ようじ)についてご紹介します。

フロスは歯と歯の間に残る汚れを除去するための道具です。
歯ブラシとフロスを使用することで汚れの除去率は1.5倍もアップすると言われています。

フロスにはホルダータイプ(持ち手がついているタイプ)と指に巻きつけて使用するタイプがありますが初めての方はホルダータイプが使いやすくお勧めです。

歯と歯の間にゆっくり挿入し、歯の側面に沿わせ、歯に巻きつけるようにして上下に動かします。取り出すときも横に動かしながらゆっくり散りだすようにしましょう。

フロスは何本もの細い糸が汚れを絡め取る道具ですのでポイントはゆっくり動かす事です。
すばやく行っても汚れが残ってしまう事もあります。

無理な使用方法は歯茎を傷つけてしまう事もあります。その人ごとに併せた清掃方法がありますのでぜひ歯科医院でチェックしてもらいましょう。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診