さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

2次カリエスについて

2018.07.16

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

皆さんも一度はむし歯の治療をしたことがあるのではないでしょうか?
むし歯の大きさによっては、むし歯を削って銀歯を入れたり、神経の処置をしたりと治療は様々です。

むし歯があまり大きくない場合は神経を残して銀歯を詰めるのですが、詰めたら一生むし歯にならないわけではありません。実は、さまざまな原因でむし歯が再発することがあります。

もちろん、日ごろのお手入れが不足してしまったり、甘いものを過剰に摂取したりというのも原因の一つです。また、銀歯を付けた後に、銀歯の下がむし歯になってしまうということも考えられます。

銀歯と歯との間には、目に見えないくらいの小さな隙間や段差ができます。その隙間からバイ菌が入り再発するということもあるのです。
そうなるとせっかく付けた銀歯を再度外してむし歯の治療をしなければなりせん。

少しでも歯と被せ物の隙間を作らないためには、歯との適合がよいセラミックの材質を選ばれるのも予防策の一つです。

現在は、詰め物や被せ物もさまざまな材質があります。当院では、健康面、耐久性、審美性さまざまなことを踏まえてご自身に合った材料を選ばれる方が増えております。

当院でもカウンセリングで皆様に詰め物の材質を決めて頂いております。気になられる方はぜひ、ご相談ください

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診