さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

小臼歯におこる症状

2018.08.25

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

みなさんこんにちは!!

小臼歯は八重歯の次にある歯で上下、左右に2本づつあります。
手前にあるのが、第一小臼歯で奥に生えているのが、第二小臼歯と呼ばれています。

小臼歯に起こる症状は

1.先天性欠如→もともと小臼歯が全く無い状態のことをいいます。

2.埋伏歯→歯はしっかりあるが、顎の骨の中に埋まって生えてこない歯を「埋伏歯」といいます。

3.傾斜→生える順番の都合で生えてくる隙間がなくなり斜めに生えてしまうことがあります。

4.中心結節→小臼歯の噛み合わせの部分に突起物ができているような歯のことをいいます。

歯の一部がでべそのように盛り上がっているため、硬いものを食べると折れやすいと言われています。

折れると歯の神経の管に近いため、神経の治療が必要になることもあるため、状態によっては早めに治療をする場合もあります。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診