さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

白斑(ホワイトスポット)について

2018.10.08

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

白いチョークで書いたように見える歯の表面の白い斑点は、専門用語ではホワイトスポットと呼ばれていますが、実はこれは初期虫歯に分類されるものです。

ホワイトスポットは、歯の表面のエナメル質が酸性になることによって、エナメル質のカルシウム成分が少なくなり、脱灰という虫歯の初期症状を起こして、白濁してしまう現象です。

対応策としては、ホワイトスポットの原因がむし歯菌による脱灰であれば、まずはお口の中を清潔にすることです。唾液の中には、脱灰された歯を再石灰化する作用がある成分が含まれています。再石灰化とは、脱灰されたところが治るということを意味しています。つまり、進行したむし歯とは異なり、削って詰めなくても自然に治ることが期待出来るのです。そのためには、お口の中をきれいにしておかなければなりません。

磨き残し等の汚れが残ったままだと、それを栄養源にしてむし歯菌が活動するからです。そこで、まず歯科医院での歯の掃除をうけることで、歯の表面をきれいにします。また、ご自身でのケアも重要になります。毎食後の歯みがきをていねいに、そしてしっかりと行なうことで、きれいな状態を維持しましょう!

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診