さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

歯が痛い!副鼻腔炎かも?

2018.11.08

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

こんにちは。
走ったり、頭を左右に揺らしたりすると歯が痛みが出ることがある方がいます。これは、虫歯ではない可能性があります。

歯が響く原因とは!?

1:虫歯

虫歯が原因で神経に近づくくらい大きくなると歯が響いたり噛んで痛い症状が出てきます。明らかに虫歯がある場合はこれが原因でしょう。

治療法は当然虫歯治療になります。虫歯を削って詰めたり神経を取る治療をした場合はかぶせたりします。

2:かみ合わせが強く負担がかかっている

その歯に負担がかかりすぎていると響く場合もあります。この場合は咬合調整と言ってかみ合わせを見る紙を噛んでもらってちょっとずつ調整を行います。

3:上顎洞炎

風邪気味で鼻が詰まっていたりすると上顎洞という副鼻腔が炎症をおこす場合があります。上顎洞は歯の根と近接してるので上顎洞炎になっている場合はその影響で歯の根にも炎症が波及して歯が響くことがあります。

まとめ

歯が響く場合にその前後で風をひいて鼻づまりがあれば上顎洞炎の可能性があります。上顎洞炎の場合は耳鼻科できちんと診断して治療してもらいましょう。逆に歯が原因で上顎洞炎になる歯性上顎洞炎という場合もあります。これは歯科治療をしないと上顎洞炎が治りません。

鼻が詰まっていて歯が響く場合はまずは鼻づまりを良くしましょう。それで歯の響くのが治れば上顎洞炎です。鼻づまりが治ったにも関わらず歯の響くのが治らない場合は歯科医院でしっかりと検査してもらいましょう。虫歯やかみ合わせが強いのが疑われます。

歯が響くのが実は歯だけでなく鼻や上顎洞も影響することがあります。季節の変わり目は注意が必要です。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診