さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

感染性心内膜炎と歯科

2018.12.12

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

感染性心内膜炎とは

感染性心内膜炎は心内膜に生じる感染症で、主に心臓弁に感染が及び弁破壊と弁膜症を起こします。

感染性心内膜炎は、血流に入った細菌が、損傷のある心臓弁に到達することで発生します。

感染性心内膜炎では、突然の高熱や心拍数の上昇、疲労、急速で広範囲にわたる心臓弁の破壊がみられます。
診断には心臓超音波検査(心エコー)が有用です。
心臓弁に障害のある人や人工弁を使用している人は、歯科処置や手術の前に抗生物質の投与を受けて、心内膜炎を予防する必要があります。
高用量の抗生物質を静脈内に投与しますが、場合によっては、外科手術が必要になります。
細菌(または頻度は少ないが、真菌)は、血流中から侵入して心臓弁にとどまり、心内膜に感染します。異常のある弁や損傷した弁、あるいは人工弁は、正常な心臓弁よりも感染症にかかりやすくなります。
僧帽弁や、大動脈弁に生じることが多いです。

感染性心内膜炎の原因

歯科治療など歯ぐきなどに傷ができると、少量の細菌が血流に侵入できるようになります。
感染症を伴う歯肉炎(歯ぐきの炎症)、軽度の皮膚感染症、体の他の部位における感染症も、細菌が血流に侵入する原因となります。

さらに、他の外科的、内科的処置も、細菌が血流に侵入する原因となります。まれに、開心術や人工弁置換術の際に、細菌が心臓に侵入することがあります。
心臓弁が正常な人では細菌はすぐに破壊されます。しかし心臓弁に障害があると、そこで細菌が増殖を始めます。ほとんどの場合、僧帽弁か大動脈弁に感染が起こります。

感染性心内膜炎の症状

突然の高熱(38.5℃ 以上)、心拍数の上昇、疲労、急速で広範囲にわたる心臓弁の損傷などの症状がみられます。

心臓弁上に形成された細菌のかたまり(疣贅)は、崩れて塞栓となり、血流に乗って他の臓器で閉塞、感染巣形成を起こします。
脳へ続く動脈が閉塞すると脳卒中が起こり、心臓へ続く動脈が閉塞すると心筋梗塞が起こります。また、塞栓は付着している部位に感染症を起こします。
心臓弁に穴が開き、重大な逆流が生じる場合があります。一部の人はショック状態になり、腎臓やその他の臓器の機能不全が起こります。
感染性心内膜炎の症状には他に、悪寒、関節痛、痛みを伴う皮下結節などがあります。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診