さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

メインテナンスの重要性

2018.12.13

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

①目的

メインテナンスは、「治療によって得られたお口の健康な状態を持続させ、再発を防止すること」を目的としています。毎日各自が行っている歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシなどを使ったパーソナルプラークコントロール(セルフケア)が重要なのは当然ですが、このパーソナルプラークコントロールで及ばない部分を、定期的なプロフェッショナルプラークコントロール(プロフェッショナルケア)で補ってあげるのがメインテナンスです。

②生活習慣で進行してしまう!

治療期間中は、清掃状況をチェックされるので一生懸命ブラッシングをしますが、治療が終了するとサボリ気味になるのが常です。むし歯歯周病はいわゆる生活習慣病ですから、日頃の生活習慣(ブラッシング習慣)が大切です。食後に必ずブラッシングをするのが難しい方は、1日1回は時間をかけてブラッシングをしましょう。
夜寝る前のブラッシングが一番効果的ですし、夜寝る前が最も時間を取りやすいでしょう。長続きさせるコツは、テレビを見ながら、あるいは新聞を読みながらブラッシングをする「ながら磨き」をすることです。洗面所で歯ブラシを口にくわえて、長い時間をかけてブラッシングをするのは至難の業です。無理なく続ける方法を各自が工夫しましょう。
また、デンタルフロスや歯間ブラシといった歯間清掃用具が必須であると分かっていても、継続して使用することが難しいようです。大抵の人は、手持ちの道具がなくなると使用しなくなるようです。最初は多めに購入して一生懸命使い続けていると習慣になり、使わないと気がすまないようになります。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診