さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

Vol.105 感染対策・二酸化炭素濃度測定器の導入・自動検温器の導入

2021.06.29

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

ニュースレター Vol.105 今月の特集

あけましておめでとうございます。
年末年始、いかがお過ごしでしたでしょうか。
まだまだ寒い日が続きますので、体調には十分お気を付けください。
今年もさこだ歯科をよろしくお願い致します。

今回は、さこだ歯科の感染対策と新たに導入した感染対策機器をご紹介致します。

感染対策
二酸化炭素濃度測定器の導入
自動検温器の導入
AI検温パスポートの使い方

感染対策

2021年1月7日に、1都3県を対象とした「緊急事態宣言」を出すことが発表されました。
鹿児島県でも毎日、10人程度の新たな感染者が出ています。

さこだ歯科では、皆様が安心して来院して頂けるようウイルス感染対策を徹底しております。
換気や消毒はもちろん、スタッフ全員、朝夕の2回検温を行い、体調のすぐれないものには帰宅してもらうようにしています。
更に、ガウン・グローブ・キャップ・ゴーグル・フェイスシールドを着用し、接触感染の対策を徹底しています。
また様々な機器を導入し、院内感染予防を徹底しています。
ウイルス除去効果99.95%の医療用空気清浄機「メディカルライトエアー」を導入して医院内の換気を強化。
中性電解水を作り出す装置「ポセイドン」を導入。医院内で使用している水はすべてウイルスの繁殖を抑制する効果がある中性電解水となっています。
診療台には、飛沫感染防止対策として強力な吸引で、治療時に発生する細かい飛沫粒子を吸い取る機械をすべてのお席に導入しています。

二酸化炭素濃度測定器の導入

医院の各階に「二酸化炭素濃度測定器」を設置しております。
測定器のモニターに表示されている数値を見ることで、目では見ることのできない室内の二酸化炭素濃度を数値として見ることが可能になります。

定期的な換気に加え、二酸化炭素濃度の数値に応じて換気を行うので、適切な換気状況を常に保つことができます。

自動検温器の導入

さこだ歯科では1月より、自動で検温ができる「AI検温パスポート」を導入致しております。
場所は入口より入ってすぐ目の前です。

AI検温パスポートの使い方

①お顔が映るようにモニターの前にお立ち下さい

②プリンターより写真と体温の書いてある用紙が印刷されますのでお取りください

③用紙を受付のスタッフにお渡しください

以上がAI検温パスポートの使い方になります。
来院される際は、検温を含めた感染対策へのご協力よろしくお願い致します。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診