さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

歯を失った場合の選択肢として

2018.12.04

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

歯医者さんで“ブリッジ”という言葉を聞いた事ありますか?ブリッジというのは、歯がなくなった(抜歯した、抜けた)所を前後の歯を使って補う人工物のことを言います。歯医者さんで歯を抜いた時、抜いた所を「ブリッジにしますか?入れ歯にしますか?インプラントにしますか?」と聞かれたことがあると思います。しかし、ブリッジをする時には注意することがあります。ブリッジをするためには歯を削らないといけません。一度歯を削ると歯は元に戻りません。両側の歯が削られていない健康な歯であれば、ブリッジよりもインプラントを勧める場合があります。両側の歯が被せをしている歯ならば、被せの歯が問題なければインプラントを、被せの歯が再治療の必要があれば、インプラントまたはブリッジの選択肢があるかもしれません。両側の歯の神経があるか、ないか。これは実はとても重要なことです。神経がない歯は、ブリッジの支えにする時には歯の破折のリスクが高まることを考慮しなければなりません。リスクを考えるとインプラントの方が適している場合があります。ブリッジができる場合、しないほうがいい場合があります。もちろんリスクを説明した上でブリッジをすることもあります。インプラントにするのか、ブリッジにするのか、場合によっては入れ歯を勧めるかもしれません。まずは、メリット、デメリットを含め、歯医者さんに相談してみてください!m(_ _)m

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診