さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

入れ歯のお手入れ

2019.06.05

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

入れ歯を 長い間入れたままにしておくのは良くありません。不潔なだけでなく、粘膜に強い炎症を起こすこともあります。嫌な臭いが出たり、粘膜が赤くただれるのは、汚れが原因でばい菌の繁殖やかびの発生が起こるからです。 歯が全部ない顎に入れる入れ歯を総義歯、歯のない部分だけに入れる入れ歯を局部義歯といいます。この局部義歯の場合、じゅうぶんに手入れをしないと、ほかの歯に悪影響を及ぼすだけでなく、貴重な時間と費用をかけて作った義歯そのものをだめにしてしまいます。
食事の後は、義歯をはずしブラシでよく洗いましょう。その際、人工の歯の部分、バネの部分、 歯ぐきにあたる内側の部分というように、念入りに汚れを落としてください。みがき粉をつけたり、 力まかせにゴシゴシこすると、入れ歯が減って変形するので注意が必要です。歯が残っている場合、バネがかかっている歯の周囲が汚れやすく、 むし歯になることが多いので、しっかりと汚れを落としてください。夜は、はずしておやすみになる場合は、専用の容器を用意し、はずした入れ歯を洗浄剤に浸しておくとよいでしょう。 義歯はからだの大切な一部分です。義歯の定期点検 (かみ合わせ・ゆるみ・バネのち から等) を受け、きちんと手入れをして大切に使ってくださ い。
お手入れに関してわからないことや,相談したいことがありましたら、歯科医院でおたずねください。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診